賃貸物件の良し悪しは家賃ではわからない?立地環境や建物の状態を正しく知ろう!

賃貸物件の家賃を左右するポイント

住宅や店舗などの賃貸物件は一般的に築年数や立地環境で家賃が変わります。新しい物件ほど家賃が高くなりますが、建物の構造や付随設備の有無も家賃の金額を左右するので、同じ年度に建てられた物件でも家賃が異なるので注意が必要です。特に店舗物件は居抜き物件として店内設備をそのまま残している物もあるため、賃貸契約を結ぶ際は利用目的に合致していることを確認することが重要になります。

立地環境については近隣の人口密度や嫌悪施設の有無が大きく関係します。嫌悪施設は工場やゴミ処分場といった悪臭などを出す施設の他、風俗店のように周囲の美観を損ねる施設など多種にわたるので、事前に物件の下見を行って周囲の環境を確認するのが賃貸契約後のトラブルを防ぐ工夫です。

暖房設備で変動する家賃相場と入居時の注意点

賃貸物件の中でも住宅物件は契約者が生活の場にすることから、冷暖房設備が整っていることを確認する必要があります。特に冬季になると雪が降る地域では暖房設備は不可欠なので、家賃が嵩んでも保温性が高い暖房設備が用意されている物件を選ぶのが快適に暮らす条件です。近年では保温効率が高い暖房設備を置く賃貸物件が増えているので、家賃が割高になっても長期的には冬季の暖房費を節約出来るようになっています。また、店舗物件についても暖房設備があることで利用客に不快感を与えてしまうリスクを避けることが出来ます。

その一方で暖房設備の状態が悪いと適切な温度管理が出来ない他、維持コストが増大する可能性もあります。入居後に設備の不具合が発覚した場合は速やかに家主へ修理を要求し、状態の改善を図るのが住み心地の良さを保つための姿勢です。

旭川の賃貸について、物件探しは実績があり、信頼がおける店舗でお探しください。故障や苦情に早急に対応してくれるかも、大切です。