何から始めたらいいの? 住宅購入の流れについて

新居での生活をイメージしよう

「そろそろ家を買いたい」と決めたなら、まずは新居での生活をイメージしましょう。どのような場所で、どのような生活をしたいのか、具体的にイメージします。住む場所は仕事の関係である程度限定されるかもしれませんが、生活スタイルは千差万別です。いろいろとイメージが広がるはずですが、完全に理想的な家を手に入れるのは困難です。注文住宅であれば自由に設計できますが、予算の制限を受けるのが一般的だからです。生活上、大切にしたい要素を優先順位をつけてイメージしてください。「二世帯同居」や「海のそば」などの方針が定まると、住宅選びはだいぶ楽になります。

ハウスメーカーは大切なパートナー

どのような家を建てるとしても、ハウスメーカーとの付き合いは欠かせません。どのメーカーを選ぶか決めるには、住宅展示場に行くのが最適です。複数のメーカーがモデルハウスを建てて自社の強みをアピールしてくれます。住宅展示場では、各メーカーの設計やデザインをチェックするのはもちろんですが、営業担当者の対応も見逃さないでください。ハウスメーカーは設計から建築でパートナーになる存在ですが、建てたあともメンテナンスやリフォームで接触します。長い付き合いができそうか、社員をよく見るのは大切な要素です。わからない点があれば、メーカー社員にどんどん質問してください。納得できる回答が得られなかったとしたら、別のメーカーも検討してみましょう。住宅展示場はかなり広いのが一般的なので、複数回に分けて見学するのがおすすめです。

家づくりの相談をしたい場合には、住宅展示場を訪れるのが効率的です。展示場では様々な業者と話し合えるので、すぐに手ごろな建築プランを見つけることができます。